2010年02月07日

ハヤブサ


近場の市立博物館へ気分転換におでかけ
タダだし 静かだし いいわーココ

今日のプラネタリウムは小惑星探査衛星「ハヤブサ」



2003年に打ち上げて、あまたの故障とトラブルを乗り越えて小惑星イトカワに着陸・サンプル採取(したと思われる)して現在地球に向かってる相模原の
JAXA生まれの国産衛星。

(組み立ては鴨居の東芝らしいですが)

その苦難の道のりをナレーション篠田三郎という渋い語りで45分



ポスターイラストで 左上のエンジンが停まっているあたり 芸がこまかいですね。

(このエンジンは打ち上げ直後に故障 現在は壊れたエンジンをニコイチで動かして 無事な1個とあわせて2個で飛んでいるそうです)

6月に(うまくいけば)地球に戻ってきてカプセル投下後 本体は大気圏に突入して地上落下物の軌道計算データと引き替えに燃え尽きるそうです
まぁ 地上に戻られても、ヒドラジンまみれの本体の処理に困るわけですが、レプリカでは無く本物をどっかに展示してあげたいですね。
posted by ぶろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151092600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。